フォトアルバム

他のアカウント

アクセスランキング

2016年11月 5日 (土)

ごあいさつ

699

 

2008年7月から2016年10月まで書いていたこのブログが、この度サービス終了になるためお引っ越しすることにしました。

eoブログおススメ引越し先だとコメントとかも残せるってあったんですが、
データがいっぱいありすぎて容量オーバーなのか出来ませんでした…
皆さんに沢山いただいたコメントを残せなくて残念です。

新しいブログは慣れないと思いますが、過去記事もゆっくり移動させたいと思います。

http://gintokiko.jugem.jp/

*こちらのブログは来年3月末日まで閲覧可能ですが、その後はサービス終了に伴い閉鎖になるそうです。

2016年10月20日 (木)

「明恵上人のすべて」バスツアー 中編

「明恵上人のすべて」バスツアー 前編 を終えて、お宿へGO!!

なんと!!

湯浅城にお泊りです!(*リンク先音声注意)
…っていっても国民宿舎ですけどね。

湯浅城を築城したのは湯浅宗重。
湯浅宗重の四女が明恵上人のお母さんなので、母方のお祖父ちゃんにあたります。
明恵上人のお母さんの実家に泊めていただいた感じかな?

見に行く時間が無かったけど、ご近所にちゃんと城跡があるそうです。

Img_20161025_225357

そして、お城の中で晩ご飯~~♪

もろびたまで「湯浅城」!!!
って、もろびた、って福井弁なんだけど、この箱って標準語で何って言うんだっけ?(ド忘れ…)

Img_20161025_225539

食後は十五夜のお月様を肴に2次会~。
お月様を捕まえて月見酒だ~☆

あ、ちゃんとお城に展望台もあるんですよ~~shine
素敵な眺めでしたheart04

 

Img_20161025_225753

翌朝は、ロビーにあった段ボール鎧で記念撮影shine

湯浅城を完全満喫したー!!!!

2016年10月19日 (水)

「明恵上人のすべて」バスツアー 前編

ツイッタ―でも呟いていましたが、15~16日と一泊二日のバスツアーに参加してきました!!

大和路再発見 明恵上人のすべて !!!

明恵上人の生誕地から逝去された場所までバスツアーで足跡を巡ります。
講師は明恵上人についての第一人者 西山厚先生heart04ですshine

Img_20161017_205737
紀ノ川サービスエリアでじゃばらのソフトクリーム食べたり、
いただいたみかんをたべたり、
もう、最初から楽しくて楽しくて飛ばしまくりですhappy02notes

有田に単身赴任していた主人に案内してもらったこともあるのですが、生誕地の有田は町中が明恵上人だらけ。
「明恵上人をさがせ!」をリアルに満喫できてめっちゃ楽しい!!!!!

 

お昼は かなや明恵峡温泉明恵の間 でしらすのかき揚げご膳~restaurant
…残念ながら、明恵ご膳では無かった…heart03

そして、食後は西山先生のお話付きpencil

Img_20161017_210631

明恵大橋でバスを降りて、橋の欄干にいるわんこちゃんと明恵上人にごあいさつ☆
折角なのでみかんをお供えしてみましたheart04

みかん畑の脇道をてくてく歩いて、吉原遺跡へ。

こちらは生誕地ということで、胎内塚があり、屋敷跡も発掘されているようです。

Img_20161017_210937

そして、てくてく歓喜寺(かんぎじ)へ。
かんぎ、って濁るそうです。
宝物庫に入らせてもらって、坐像の明恵上人にお会いしましたhappy01

 
道の駅 明恵ふるさと館 でちょっと休憩してから バスと徒歩で糸野遺跡へ。

Img_20161017_215608
みかん畑の脇道をてくてく抜けて、私道かな?って細い坂道を行くと、弟子たちと修業したという糸野遺跡に出ます。

明恵上人の遺跡を辿ると、たいていみかん畑の中にある気がするなぁ…
有田は本当にみかん畑だらけなんですapple

Img_20161017_220119


春日明神の託宣を受けたという星尾遺跡は、神光寺というお寺の近くにあります。
そして、神光寺の中には ひなたぼっこの明恵さんという石像が…heart04
一緒にひなたぼっこ~~~~sun

星尾遺跡はちょっと植木が茂っていていてちょっぴり難所でしたcoldsweats01

2016年10月18日 (火)

<拡散希望>大和北部第30番 愛染堂

なんとなく後回しになってしまっていた 大和北部第30番 愛染堂 です。

2138
↑ 石碑は4~5年程前に壊れたので新しく作られたそうです

事前に連絡していたので、この道沿いの目と鼻の先にある リカーやまなか さんへ。
*6月よりご朱印の管理は、これまでの鮫田商店さんから、こちらの山中さんになっています。

2133
*リカーやまなかさんは日曜定休日なのでご注意ください!

2131

店内の隅をお借りして、見本を見ながら自分でご朱印を押していきます。

2132

自分で印を押すのはドキドキしますねheart04

 

そして、何和(なにわ)集会所へ案内していただきました。

2135

既に廃寺ですので、集会所の押し入れを改装してお祭りされているように感じました。
昔はこのお堂のなかに、住み込みの管理人さんもいらっしゃったとか。

2134
ちょっと古いお写真も。

2136
お写真よりだいぶ傷んでしまっていて、蓮台の花弁も数枚落ちてしまっていますweep
他の仏像も痛々しい感じです。
郡山の文化財として直していただくことは出来ないのでしょうか…

このお堂は、普段、珠算教室や公文教室として使われています。
お堂を拝見させていただけるのは、リカーやまなかさんが開店していてお教室をしていない
月曜と火曜日のみ!

参拝されるときはご注意ください。

これまでの案内には鮫田商店・つり用具販売店となっているものも多いと思いますが、お店も閉められて、納経も山中さんに代わっています。

何和集会所の鍵も山中さんではなく別の方が管理されているそうです。

山中さん 0743・52・2400

   

こちらの珠算教室や公文教室に通っている子たちは、愛染さんのご利益できっと賢くなるんだろうなぁheart04

2016年10月13日 (木)

高松塚古墳女子群柄の袋帯